FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

tonbi coffee

2008/05/31 Sat 22:04

            一個人


雑誌「一個人」がコーヒー特集です☆

私も愛飲しているスペシャリティコーヒーが、こうやって取り上げられているのを見ると、日本のコーヒー文化が大きく変化してきている証なのかなあって思うし、本当に美味しいコーヒーを一人でも多くの人に飲んでもらいたいという思いがますます強くなる。

コーヒーは農作物であり、環境とともに生産者の努力で大きな差が開く。
私は、生鮮食品と同じだと理解している。
購入した豆は冷凍保存し、美味しく飲めるのは一ヶ月。豆を挽いたら、一週間。
腐るわけではないが、日ごとに味も香りも落ちていく。

日本のコーヒー業界において、画期的に先を行く、重鎮的存在である堀口氏。
スペシャリティコーヒーの第一人者です。

その堀口氏の右腕として働いてきた方のお店が、tonbi coffeeです。

この「一個人」にも掲載されています。

本当に素敵なお店なんですよ♪

tonbiさんのおかげで、私も毎日最高に美味しいコーヒーを飲むことが出来るんです

このお店でケーキを手作りで出している奥様は、堀口氏のケーキ部門にいた方で、いつもホッとできるようなケーキを作り出されています
奥様本人も、そのケーキのような愛らしい和み系の素敵な方
実は、コーヒーよりもケーキ目当てで来られるファンも多いとのこと!
    分かるなあ、その気持ち☆

それにご主人もすごーくかっこいいんです
人格的にも申し分ないかたなんですよ~
お似合いのご夫婦で、二人に会えるだけでも、お店に行く価値があります

今日もるんるんしながらお店へ行ってきました♪

今日は豆を購入するだけだったのですが、珍しい豆が入ったということで、嬉しいことに
試飲させていただいてしまいました
器もとーってもカワイかったので、ご紹介
     お試しコーヒー  カップの底は・・・

飲み干した後、カップの底には小さなりんごの絵
めちゃくちゃ、めんこいよ~

今日もほのぼの・・・
帰りの車の中に漂う、コーヒーの香りに包まれて、幸せ~な大マメなのでした


                   **********

ブログランキングに参加しています♪
私もtonbiで癒された~い!って思っていただけたら、ポチッと応援お願いしまーす
    ↓↓       ↓↓
にほんブログ村 スイーツブログへ

   *ちなみにtonbi coffeeのサイトは、左下のリンクからどうぞ!!
スポンサーサイト
素敵なお店 | コメント(2) | トラックバック(0)

焦げてるフィナンシェ

2008/05/30 Fri 18:13

シンプルなのに、とってもコクのあるフィナンシェが私は大好きです

私の中の勝手なランキング~☆
     
       第1位  オーブンミトン 「どんだけ~♪」っていうぐらい厳選されこだわって
             作っている、手作りのフィナンシェは堂々の1位です

       第2位  アンリ・シャルパンティエ 間違いのない、いつも完璧な(!?)
             フィナンシェはみんなが認めるところ。

       第3位  ベッカー・フジワラ 身近で、隣のお兄さんが焼いてくれた的な
             フィナンシェです!

            特にベッカー・フジワラは、私のお気に入りパンやさんで、ここのフィナンシェは
            いつも焦げていて、「おいおい!」って思うのですが、
            その愛らしさがたまらないんですよね~
            
            だって、フィナンシェって基本は縁がカリッとするほどに焼いて、中はしっとり
            やわらか~なのが美味しいんだから、忠実に焼いていると私は思う!
            本当は1位にしたいところなんだけど・・・ジャッジって難しいわあ

        今は引越したので、すぐに買いに行けなくなって本当に残念だけど、通販もしてるから
               今度はネットで注文しちゃおうと思ってます

       ということで、今日はフィナンシェを焼きました
                
                     フィナンシェ


               今日のは、ハート型です

          縁はしっかり焦げています
           ・・・これも計算・・・じゃないのよ
                でも、家族にはそういうことにしておこうっとг(^◇^;)。。。


                  **********


ブログランキングに参加しています♪
焦げてるフィナンシェもいいじゃな~い!って思ってくださったら、ポチッとヨロシクー
     ↓↓      ↓↓
にほんブログ村 スイーツブログへ
手作りスイーツ | コメント(4) | トラックバック(0)
コーヒーを通して仲良くなった友人のマメさんは、私なんかが足元にも及ばないほど優れた味覚の持ち主で、私はいつも「マメさん、カッコイイ」って思うんです(マメさんは女性ですが

そんなマメさんがやっているサロンで、去年ありがたくも私のスイーツを提供させていただいていたのですが、マメさんはいつもほんの端しっきれだけを味見するので、自分が作っているものに自信のない私は、毎回ドキドキしていたものです

その中でマメさんが、私の前で一つ分丸ごと食べて、後に「あれが一番ヨカッタ」といってくれたものがコーヒーとチョコのシフォンケーキです

あれから何度も作りましたが(作り方は研究しているのでいつも違うんだけど)
あのときほどの味が出ないんですよね~
何が良かったのかなあと思いながら、今日も作りました♪

         コーヒーとチョコのシフォン   生クリームを添えて


これは、粗挽きにしたコーヒー豆をそのまま生地に入れ込んでいて、さらにコーヒー味のチョコも混ぜて焼いてあります
添える生クリームには、濃く抽出したコーヒーとコーヒーリキュールを入れてあり、これでもかとコーヒー三昧に仕上げているので、コーヒー好きにはエエんじゃないかと・・・だって、私が大好きなものですから


それから今日はもう一品ご紹介

      バーチ・ディ・ダーマ
        Baci di Dama

これは「バーチ・ディ・ダーマ」という、イタリアの伝統的なお菓子で、日本語に訳すと「貴婦人のキス」という意味だそうです
本当はもっとまん丸に焼くのですが、食べやすく少しつぶしてみました。
名前の由来は聞いたことありませんが、白くて丸いホッペのようなクッキーが合わさって、間に甘~いチョコをはさんでいる姿が、なんだか「チュッ」ってキスしているように見えるからかなあなんて思っています♪

では、簡単レシピです☆

<材料> ・薄力粉 50g
       ・アーモンドパウダー 50g
       ・グラニュー糖 50g
       ・無塩バター 50g
       ・チョコレート 40gくらい

<作り方> ①バターは1cm角くらいに切って冷やしておく。
        ②ふるった薄力粉とアーモンドパウダーとグラニュー糖をボウルに入れて
         泡立て器でよく混ぜてから、冷やしておいたバターを入れてカードなどでバターを
         切るようにしながら混ぜ合わせる。
        ③生地を一まとめにして、冷蔵庫で30分以上休ませる。
        ④2cmぐらいにちぎって丸め、天板に乗せ、170度のオーブンで10~15分焼く。
        ⑤完全に冷めたら、湯煎して溶かしたチョコをサンドして出来上がり♪

間にはさむものは、チョコだけじゃなくて、ジャムやナッツクリームなんかでも美味しくできます☆

コーヒーに良く合うので、私はお気に入りのコーヒーと一緒につまみます!

う~ん、今日のコーヒーは・・・
       グァテマラのシティローストに決定だあ


                **********


ブログランキング参加中です♪
シフォン・クッキー、美味しそうって思っていただけたら、ポチッとお願いしまーす
      ↓↓       ↓↓
にほんブログ村 スイーツブログへ
手作りスイーツ | コメント(4) | トラックバック(0)
私は去年まで、地域の高齢者を支援する仕事をしていた。

問題として浮上した人たちには、共通して食生活の乱れがあった。


家族が手に負えないとかけこんできたケースがある。

     本人であるおじいちゃんの体と部屋が臭くてたまらず、一緒に住むのはもう限界だと
     感じているが、家族が何とかしようとしても、逆ギレして凶暴になったり、みんなを困らせる
     ような行動(洗濯機に○ンチを入れる等)をするため、どうしていいか分からないので
     何とかして欲しいとの訴えだった。

訪問すると、最近の造りの立派な一軒家。
その1階におじいちゃんの部屋がある。
玄関の前から、異臭がする。
玄関を開けると、鼻呼吸ができないほど臭い!!
2,3階の家族は、このニオイでどうやって生活してきたのか!?

部屋の中は、私の膝の高さまで食べ終わったカップめんのケース・カロリーメイトのゴミで埋まっていて、床が見えないどころかベッドの存在も分からないほど。
そこから、まだ70そこそこの若いはずのおじいちゃんが仙人の様な姿で現れ、数歩歩くだけで息が上がる状況だった。

仕事をバリバリとこなしたのち定年し、家族と同居するようになったが孤立、食べものを近くの店で買ってきて食べていた。
もちろん何年も入浴していない。
おじいちゃんとじっくり話をした。認知症ではない。
家族とは違うおじいちゃんの考えがあって、複雑な問題が絡んではいたけれど、
おじいちゃんは、カップめんとカロリーメイトを食べていさえすれば栄養は充分だと考えていた。
そして食事をするということへの意欲や興味はほぼないに等しかった。
それはまるで、どこかの一人暮らしの若者と同じセリフを聞いているようだった。
その後おじいちゃんは重篤な心臓疾患を引き起こしていることが分かり、入院を余儀なくされることとなった。

今は、自由に何でも手に入り、食べ物は好きなように選べる時代。
なのに一方で、食事らしい食事をしないとか極端な偏りも深刻化している。
口当たりのいいもの、手っ取り早く空腹をしのげるもので食事は済ませられ、
”一生懸命作って食べる”という時間がもったいないという意見もよく耳にする。

でもそんな日々の積み重ねが、とりかえしのつかないような体の異変になっていたり、通常の思考さえも封じてしまう危険性があることを知ってほしい。
いや、知識だけならきっと誰でも持っているよね。知っているというだけでは、人の直接の行動には決して結びつかないこともよく分かっている。

でも、選択できるということは、自分の心と体を守る賢い食生活が選択できるということ。

栄養豊かな食事とは、単に栄養素を摂ることとは違う。

かけがえのない人生が、食生活によって壊されるのではなく、
真に心を豊かにする食生活によって建設されていってほしいと心から思う。


私たちが作ろうとしているお店も、単にグルメ志向に走るのではない場所にしなければいけないと肝に銘じています。私自身も、甘いだけではない栄養と健康ということに充分目を向けたスイーツ作りをしなければ・・・と自分に言い聞かせ、自分が行動したことによって、来てくれた人に大切なことを少しでも感じ取ってもらえるように頑張らないとな~って思っています。
未分類 | コメント(8) | トラックバック(0)

☆ありがとう☆

2008/05/27 Tue 13:37

ブログを通じて知り合ったみんなが、本当にいい人ばかりで
大マメは、その優しさ・励ましの数々に本当に胸が一杯であります (≧∀≦)

       心から 「ありがとう!!」です♪

なーさん☆、いずちゃん、キッチンママさん、おくだっちさん、りんがむさん、
おふきさん、耕ちゃんさん、夫婦レンジャーさん、薬作り職人さん、ちゃあさん、 多夢さん、
giocondaさん、てるっちさん、江戸っ子若女将さん、yukaさん、島人候補さん、はるぴさん

それから、何も言わずともいつも見に来てくださるロングさん

みんなみんな大好きです

みんなのことも、大マメはいつもいつも応援していますからね~ ヽ(´∀`)ノ

そして、この拙いブログを読んでくださる皆さんのおかげで、大マメのブログも
FC2とブログ村の両方のランキング(手作りおやつ部門)で、トップ10入りすることができましたあ

超うれしくて、かなり!かなり!ハイテンションの大マメです

今日はお礼をかねて、バラの写真を贈ります(写真ヘタクソだけどキモチです
前橋・敷島公園バラ園で写真を撮ってきました~68189

画像はクリックして見てね80
   バラ園    バラ2     バラ4            

   バラ1    バラ3     バラ5

未分類 | コメント(8) | トラックバック(0)

コーヒーゼリー

2008/05/26 Mon 22:19

私がお菓子作りをするようになったのは、小学校高学年のとき。

お菓子といっても、滅多にお菓子なんぞ口にしたことのないような、
何も知らない小学生の私が作るものなんて、たかが知れてるんだけどね

なぜ始めたかということは、前のブログで少し話したけど、同級生の子の家にはあるのに我が家にはなく、悔しくて食べたくてどうしようもなくて、「ないんだったら作ってやろうじゃないのよ」って考えたのが始まり・・・食の執念って恐ろしいわね~

その頃よく作ったものに、コーヒーゼリーがあるんです。

子どもだし、コーヒーなんて好きじゃないはずなのになぜ作ったかというと、
                           私の母の大好物だったからなのです。

仕事で遅く帰ってくる母に、コーヒーゼリーを作っておくと、すごーく喜んでくれた。

そして毎回、これ以上ないってほどの笑顔で
              「おいしいよ!ありがとうね!」
                            って、言ってくれた。

      その母を見たくて、私は何度も何度もコーヒーゼリーを作ったんだよ。

                 コーヒーゼリー
            

                    **********


「コーヒーゼリーいいねえ♪」って思っていただけたら
ポチっと応援クリックお願いします
    ↓↓        ↓↓
にほんブログ村 スイーツブログへ
手作りスイーツ | コメント(8) | トラックバック(0)
ここのところ暑い日が続いて、なんだか体がダルダル・・・

家族のみんなが一気に自家製レモンスカッシュに集中したもんだから、シロップが残りわずかとなってしまい、レモンの輪切りだけが大量に残っちゃった

一応レモンティ用にしてるけど、それでも残りそうだから
     今日はそれを使ってレモンブレッドを作ることにしました

朝早くから作成開始で、ブランチ用です

いつものレモンブレッドは、レモンの皮のすりおろしだけを使いますが、今日はたっぷりのシロップ漬けが加わって、いつも以上にレモンが主張します。

作り方は、バターと砂糖を混ぜ、卵を加えてふんわりするほど泡立ててから、小麦粉とベーキングパウダーを加え、レモンのすりおろしと刻んだシロップ漬け、それに食感の違いを出すくるみを砕いて混ぜ、型に入れてオーブンで焼きます。
焼きあがったら、粉糖とレモン汁で作ったアイシングをかけて出来上がり

            レモンブレッド

さっぱりとした甘さにバターのしっとり感、くるみの香ばしさが休日のブランチにぴったりです

これだけでも充分ですが、ハットリくんが知り合いからびわをもらってきたので
びわでジャムも作りました♪
   もったいない?
やっぱり生のままが最高だけど、少しだけジャムでも楽しみたかったのでやってしまいましたあ☆

                  びわジャム

                小さなビンに一つ分だけですよ

作り方は、びわの皮をむいて種をとりナベに入れ、レモン汁をかけてから砂糖をまぶして、水分が出てきたら火にかけて、柔らかくなったらいったん取り出し、裏ごし(ミキサーでもOK)してからナベに戻し、とろみがついたら出来上がり

この爽やかさはきっと、レモンブレッドとの相性も抜群・・・のはず

        びわジャムをのせて

        ・・・・・うん!オイシー

     ヨカッタねえ~ 今日も出だし快調だあ\(^O^)/♪


              **********


ブログランキングに参加中です♪
ポチッとしていただけると、元気いっぱいになります
     ↓↓      ↓↓
にほんブログ村 スイーツブログへ
手作りスイーツ | コメント(8) | トラックバック(0)

プリン

2008/05/23 Fri 21:10

私が初めてプリンを口にしたのは、通っていた保育園のおやつででした。
(うちは両親が共働きだったから保育園に入ってたけど、ほとんどの家はお母さんが専業主婦という状況だったのよ

その頃、おやつを家で食べたという記憶はないし、
保育園でもプリンなんてものが出たのは、それが最初で最後のたった一度きりだったなあ

他に出たものといったら、缶詰のみかんとか、良くて大学芋だったような気がする

小学生になって一人で下校するようになって、帰り道に野いちごをつまんだり・・・
あれ?なんていったかなあ?ピンクの細い花びらを引っ張って吸うと、甘い蜜が出てくる・・・そんなものを楽しみにしていたっけ。

それで話が戻るけど、保育園でプリンが出た日は、先生方もウキウキしていて
「今日のおやつはプリンよ~♪」って言ってた。
私にはそれが何のことだか全然分からなかったけど、次第に園内が甘い香りに包まれて
一体どんなものが出るんだろうとドキドキしてた

そこへニコニコ満面の笑みで、給食のおばちゃんが運んできた!蒸したてのプリン登場

初めて目にするプリンは、そこだけ光り輝いて見えた

口に含むと、温かくて柔らかくて優しい味で、もうメロメロ
「こんなに美味しい食べ物が世の中にはあるんだ」と、子供心にも感動で胸が一杯になったのを覚えてる。

今では、プリンは当たり前のように、いつでも好きなときに食べられるという飽食の時代。
プリンも卵たっぷりとか、生クリームを使って濃厚だったりとか、それぞれのお店で個性を出して
どれもすごいなあって思いながら、私もいろいろ食べたりしてきたんだけど・・・

今の自分は、なんだか無性にあの味が恋しい。

なんのてらいもなく、素朴な、卵と牛乳と砂糖だけのプリン。
そして、カラメルソースも子供向けに苦味がないもの。

今日はそのときの味を再現してみた。

          プリン


蒸したての温かいプリンを口の中へ・・・
          すると、あのときの小さな自分が蘇ってくるようだった。

優しさを形にしたら、こんな感じかなあって思うような素朴なプリン

             プリンは、究極の手作りおやつのように思える。


                   **********


ブログランキングに参加しています♪
ポチッと応援してもらえたらウレシイです
    ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 スイーツブログへ
手作りスイーツ | コメント(6) | トラックバック(0)

新しょうがのケーキ

2008/05/22 Thu 16:16

スーパーで、今年の新しょうがを見つけた

毎年、初夏にしか食べられない、柔らかくて香り高い新しょうがだから、早速買って帰る

まずは、スイーツ用に甘煮を作って保存するんだよ~ん
 
        <材料>  ・新しょうが 300g
                ・砂糖 300g 
                ・水 500ml
        
        <作り方> 砂糖と水をナベに入れて、煮溶かしてから、しょうがを加えて
                 一煮立ちさせてから、弱火で一時間煮る。 
            
                こんな感じになります↓
                新しょうがの甘煮


甘煮が出来たので、これをたっぷり使ってケーキも作っちゃいましたあ

        新しょうがのケーキ

コレは、私の敬愛する小嶋ルミ先生のレシピを少しアレンジして作りました

しょうがとバターの風味に、炒ったゴマの香ばしさがたまりません


ケーキを切り分けていたら、おや?・・・コレって・・・
                     ケーキのお顔

             食パンマン似のかわいいお顔になっちゃった
                     ・・・見えるよね?
      
                    本日のベストショットだあー


                    **********


ブログランキング~に参加しています♪
良かったら、ポチッとクリックお願いしまーす
    ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 スイーツブログへ
手作りスイーツ | コメント(2) | トラックバック(0)

私の夢

2008/05/21 Wed 18:29

私の夢は・・・
  なんて、40代にもなって笑われちゃうかな。
でも、やっと自分自身が本当にしたいことを考えてるんだよ。

*もちろん一番は、お店を作っていろんな人に元気になってもらうこと!
  どうすれば疲れたみんなを笑顔にさせられて、「またガンバロー!」って思わせられるか、
  そんなことばかり考えてる。 

*それから、イタリアに行きたい!
  イタリアで本場のジェラートを食べたいし、イタリアの空気と自然と、温かいママの味に触れたい!

     空気って、そこの土地によって全然違うよね?
     私の故郷、北海道に行くとまず私は、大っきく息を吸い込む。
     体中に北海道の空気が流れ込んでいくのが分かる。
     そのとき、いつも新鮮な思いがするんだよ(^^*)

三年前。。。私の人生の転機の年だったかもしれない年。
 それまで大変なことがいっぱいあって、目の前のことで精一杯だった私は、自分がしたいことなんて
 考えてもいなかった。
 
 そんなとき、友達の紹介で出会った「みーちゃん」(ここではあえてカウンセラーと呼びたい)
 みーちゃんは私に「何がしたいの?仕事以外で!」と言われた。
 私はなぜだろう、「オーストラリアに行きたい」って答えていた。

 みーちゃんはニコニコしながら「絶対行けるよ!」と簡単に言ってのけた。

 お金もないし、時間もない。
 行ってみたいけど、絶対無理だって決めつけていた自分が、そのみーちゃんの一言で
 解き放たれた気がした。

 みーちゃんには本当に感謝してる。

 「絶対行く!」と心に決めたその時から、オーストラリア行きは決定だった。

 それから半年後に、オーストラリアに降り立ったとき、
  ”全ては自分の一念で決まるんだ”って、実感したんだよ。

 最高の、全てが感動の一週間をオーストラリアで過ごし、ものすごく満たされた気持ちとなって
 いっぱい充電できて、待っていてくれた子どもたちに笑顔で「ただいま」が言えた。


オーストラリアで摂取(?)したものの中で、一番美味しかったものは
目覚めに飲んだ、たっぷりの100%マンゴージュースだった。

あの味は本当に忘れられないんだよ

鳥たちと一緒に飲んだ、あの甘くまったりとしたマンゴージュースは
          私にとって最高にココロを満たすスイーツだったと言えるかもしれない。

  私が感じたように、他の誰かにも、あの幸せな優しい自分に帰る時間を感じてもらいたい
                                   それが、私の夢・・・かな。


                   **********

にほんブログ村 スイーツブログへ

未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)

ベリー・ベリー・ベリー

2008/05/20 Tue 19:49

大好きなイチゴの時期が終わりに近づいてますね・・・私の母の実家・秋田では広いイチゴ畑が
あって、まだまだこれから採れるんですけど、こっちでは店頭からも姿が減ってしまい、なんだかさみしい感じです
今年はハットリくんが入院していたため、イチゴを作れなかったのですが、「来年はやるぞ!」と言ってましたから、そのときを楽しみにしたいと思います

でも、食べ納めの旬のイチゴも冷凍しておけば、当分の間おいしいスムージーとして
活躍してくれるんですよ

もちろんイチゴオンリーでもおいしいけど、
今日はもう少し酸味を楽しむべく、三種のベリーで作ってみます

では、レシピ☆
      
     <材料>  ・冷凍イチゴ 3個
             ・冷凍ラズベリー 大さじ2杯くらい
             ・冷凍ブルーベリー 大さじ1杯くらい
             ・プレーンヨーグルト 大さじ1杯くらい
             ・練乳 大さじ1杯くらい 
             ・ガムシロップ ポーション1個(お好みで)
             ・氷 2個

     <作り方>  材料を全部ミキサーに入れて回すだけ。

                   出来上がり
               ベリースムージー
 
                   クリック
 
      作ってるトコを動画で撮ってみたので、アップしようと試みたけど、
              ぜーんぜん出来ないので、やっぱり写真だけになりました

   そして旬ではないけど、ヨーグルトが残っていたので、ブルーベリーヨーグルトケーキも作成。

               ブルーベリーケーキ


     ヨーグルトを使うと、生地がしっとりふんわり、そしてさわやか~になります
     でもコレはやっぱり生のブルーベリーを入れたほうが、格段に風味がアップします♪

      ブルーベリーの旬はまだ先、ほかのフルーツも夏が来ないとね・・・
          
            夏が待ち遠しいなあ~(*´Д`*)。。


                  **********


ブログランキングに参加しています♪
クリックしていただけたら最高にうれしいです
   ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 スイーツブログへ
                     
手作りドリンク | コメント(6) | トラックバック(0)
        <タンザニア・フレンチロースト>
          タンザニア

「キリマンジャロ」というコーヒー名は、誰でも聞いたことがあると思いますが、
実は日本で「キリマンジャロ」と呼ばれているものは、生産エリアも品種も分からない、何をブレンドしているかも曖昧な流通経路が明確でないもの、そしてこの名称は行政上の地域を意味しているため、コーヒーとしては通常使用されない、つまり「キリマンジャロ」というコーヒーは存在しないということなのです

 ビックリですよね!本来は「タンザニア」というコーヒーになるのです。
私も知りませんでしたが、周囲にいる人たちのおかげで、いろんな事実を知ることが出来ました。

「タンザニア」の最高品質AAグレードは、LCFが日本で独占販売しています。

私もマメさんの紹介で今も近くのLCFメンバー(tonbi coffee)からいつも豆を購入しています。

LCFのスペシャルティコーヒーを飲んだら、もう他のコーヒーは飲めないというほどに美味しいです。

今日選んだタンザニアのフレンチローストも、本当に素晴らしい味です
フレンチローストは深炒りで苦味が強いものですが、決してただ苦いのではありません。酸味とコクのバランスが良く、アフターテイストに甘味のある酸を感じることが出来ます

そして今日のスイーツは、このタンザニアの酸味を消さずに引き立たせられるものをということで、
発酵バター100%で作ったシンプルなショートブレッドです

                 ショートブレッド
 

    ショートブレッドは紅茶じゃなきゃと言われるけれど、コーヒーにも良く合うんですよ

                 是非、お試しあれ 

                 **********

ブログランキングに参加しています♪
良かったら、ポチッとクリックお願いします
               
 にほんブログ村 スイーツブログへ
                      

コーヒーのこと | コメント(3) | トラックバック(0)
       今日はみんなでShopping~に行ってきました

             ママのお目当てはグラス&コーヒーカップ♪
              でも、なかなか気に入ったものには出会えません

         結局、子どもたちに連れまわされる感じとなっていました
    そう、群馬に越してきてから、車に乗れるようになったことを子どもたちが一番喜んでいます  
                母はこんなにもビクビクしながら、運転してるというのに

      それにしてもココ群馬は、どこに行くにもみんな車という常識がある。

       本にも書いてありましたよ↓

            ・一世帯あたりの車の保有台数:第1位
            ・人口比保有率:第1位
            ・運転免許保有率:第1位 

                    車に関しては1位づくめじゃん 
     
               やっぱり、車なしでは生きていけない群馬ということね・・・

        でも、車だからこそ自由に行けるということもあり、以前から気になっていた
         ジェラート屋さんにも寄ってみた お店はとってもかわいらしいのよ

                  ラムネジェラート

              これは、子どもが選んだラムネジェラート

      子どもは初め、ラムネの味に大喜びしたのだけど、コーンを食べ始めるころには
        顔色が変わって・・・
                  「おいしくな~い!」

       ・・・ホント、ごめんなさい!!!
           やっぱり、ハットリくんの作るジェラートのほうが、断然美味しいのであります
        お店の人に聞いたら、ココで作ってるのじゃなく、工場で作っているのを注文している
          のだとか。
      
               そーか、大量生産のジェラートとコーンだったのね。

       ハットリくんのは、コーンも手作りで焼いてるんだもの。
         違うのは当たり前よね。同じじゃおかしいよ!

     それにしても、果樹園も絶対車じゃなきゃ不便極まりない場所だし
         そういう意味では、群馬で良かったね~って感じだよね♪ 
     
        本当に、早くみんなにハットリくんのジェラート食べてもらいたい
           ・・・と、夢見る乙女になるフルーツママであります。。。(*^m^*)。。。


                 **********

ただ今、ブログランキングに参加しています♪
ポチっと押してくださると、とってもとってもHappyです
     ↓↓        ↓↓
   ポッチん♪       ポッチん♪
 にほんブログ村 スイーツブログへ
ついでにパチパチ
  ↓ ↓         
ジェラート | コメント(4) | トラックバック(0)

NEW☆クリームジンジャー

2008/05/17 Sat 23:52

このところ、ハットリくんの作るジェラートと、自分の作るものとの合体商品を考え中。。。

そこで出来上がったばかりのジンジャエールの原液を見て思いついた

ジンジャエールはそのままでも充分なものだけど、大人版クリームソーダにならないかしら・・・???

   ということで、早速実行だあ

ジンジャーの美味しさを損なわせたくないから、ジェラートはやっぱりシンプルにミルクで合わせてみよう!
    でも柑橘系のソルべでもいいかもしれないなあ・・・

  それから、お互いを引き立たせつつバランスが取れるように、
         それに口の中がさっぱりするようにレモンを加えよう!

             で、こんな感じになりましたぁ~

              クリームジンジャー


          ドキドキしながら試食~・・・
               ・・・

    イヤぁ~、自分の作ったものをホメるのはどうかと思うけど
        コレ、かなりヤーバーババイ♪
              って感じ(笑)に、おいしいっス

     絶妙な甘さのミルクジェラートに、ジンジャエールの爽やかさとピリ辛さ加減が
          すごい大人のスイーツドリンクになったわぁ~
              口の中に甘さが残らずスッキリ!イイ感じ♪

    小躍りするような私の様子を見ていた子どもたち、「自分も食べる~!!」と食らいついてきた。
     食べてもいいけど、ちょっとにしたほうがいいよ~
          ・・・
      「あ~、あとからキターーー!のどがヒリヒリしてる~」
                   やっぱね~、だから大人のだっちゅーの
                
                   **********


ただ今、ブログランキングに参加中です♪
クリックしていただけると、元気勇気百倍です
    ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 スイーツブログへ

     
手作りドリンク | コメント(0) | トラックバック(0)

カラメルソース&マフィン

2008/05/16 Fri 13:29

    甘くてほろ苦~いカラメルソース

砂糖を水に溶かして煮詰めるだけの手軽さで、いろんなお菓子に七変化するから
私はときどき、思い立ったように作り置きをしちゃいます。
 
では、レシピです☆

      材料:砂糖 300g
          水 1/4カップ
          熱湯 140㏄
           塩 ひとつまみ

      ① ナベに砂糖と水を入れ中火にかけ、混ぜないでゆっくり煮詰めていく。
      ② 砂糖が全部溶けて、泡が大きくなってきたらナベを細かく揺すりながら更に煮詰める。
      ③ 熱湯に塩を入れて溶かしておく。
      ④ カラメルが濃いきつね色(あめ色)になったら火を止める。
      ⑤ 火を止めたらすぐに、③の熱湯を木べらに伝わせながらゆっくり加える。
          ※飛び散りやすいので気をつけて!
      ⑥ ムラなく混ざったら、熱いうちに保存ビンにつめ、粗熱をとる。

  出来上がり
カラメルソース


カラメルを使ったお菓子はいっぱいあるけど、私が印象に残っているのは
千葉は市川にある「オープンオーブン」さんのカラメルくるみマフィン!!

フツー、マフィンというと柔らかいものを想像する人が多いけど、ココのはちょっと硬いんです。
特に、カラメルが生地全体に溶け込んでいるのではなく、大雑把に混ぜ込み、上からも乗せるように
焼いているので、カラメルの香ばしさが存分に味わえ、硬めの生地が素朴な温かさをかもし出していて、すご~く私好みなんだなあ~

でもうちの子どもたちは柔らかいほうが好きなので、う~ん・・・(’~`;)
いつもこの点で悩みながら、お菓子を作るんだよね・・・
それでも、自分が作りたいもので譲れないときは別として、作った後消費してもらうのは家族だから
好みを視野に入れつつ創作活動しているのであります

ということで、悩んだあげく作ったものは・・・

              *柔らかめ・カラメル・バナナマフィン*
                               ・・・と、なりました♪
                カラメルとバナナのマフィン

               ↑画像を大きくして見てね☆

    これは、バナナを潰さずに形を残した状態でカラメルと混ぜて焼きました

     普段はつけないけど、撮影のため白くお化粧させていただいております。
          キレイになったかな? 

                  **********

ブログランキングに参加しています☆
クリックしていただけると励みになります
     ↓↓
 
 にほんブログ村 スイーツブログへ
手作りスイーツ | コメント(1) | トラックバック(0)

レモンスカッシュ

2008/05/15 Thu 09:00

             今日はまたいきなり気温が上がって、25℃を超えました
                動くと汗をかいちゃう状態です

          先日準備中だった、レモンシロップが完成していたので
              待ちに待っていた子どもの笑顔が早く見たくて
            今日のおやつドリンクは、今年初のレモンスカッシュに決定

                        
                      レモンスカッシュ

                    ↑クリックすると大きくなるよ♪

                      
           底に沈んでいるレモンシロップとのコントラストがいいんですよね~

         コレ、炭酸水で割るだけでいいんだけど・・・
              生のレモンを絞って混ぜ混ぜして飲んだら・・・

           キターー(´∀`*)--!!!

             もお~更に更に美味じゃないのぉ~ 
          レモンの風味が生きてて、更にフレッシュ感を増したって感じ

              これでママの株も上がったかな(*^_^*)




                ランキングへの参加を始めました♪
               クリックしていただけるとウレシイです
                        ↓↓
                    
手作りドリンク | コメント(0) | トラックバック(0)

四川省の大地震

2008/05/14 Wed 12:00

中国・四川省で起きた大地震のニュース。

その映像を見て、家族全員コトバを失った。

震源地から、50~60Km離れた北川でさえほぼ壊滅状態で、余震がくるたびに山から岩石がゴロゴロと落ちてくる状態にあると、取材カメラマンが伝えていた。

そして、1500Kmも離れた北京ですら地震時長い横揺れがしたという。
私は地理に詳しくないが、これは日本で例えるなら、九州で起きている地震を北海道でも感じることと同じだとアナウンサーは言っていた。

これほど大きな地震で、震源地は一体どうなっているんだろう・・・

これから、どれだけ被害が拡大してしまうのだろう・・・

小学校が倒壊し、生き埋めになった児童900人・・・映像を見ながら、心臓の鼓動が早くなって息苦しくなってきた。

一刻も早く、一人でも多くの命が助かってほしい。
そして、一日も早い復興をと願わずにいられません。



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
      果樹園の忙しさは相変わらず続いています。

    摘果を終え、袋かけの作業に追われているところです
                      (もちろん、ハットリくんが・・・

    梨の袋かけ


        写真がなぜかデカイ
    携帯で撮った画像なんだから、もっと小さく表示させられると思ったのに
      小さくする術が分からないの

    それから、少し前からですが、ブルーベリーの花が咲いています♪
       ブルーベリーの花


今度は小さすぎ・・・

      ホント、技術がなさすぎてごめんなさい (ToT)


                
果樹園 | コメント(0) | トラックバック(0)

子どもたちがくれた宝物

2008/05/12 Mon 12:42

昨日は母の日だった。

息子のRYOが恥ずかしそうに手渡したもの・・・それは、造花のカーネーションの花束と手紙だった。

花を買うお金がない息子が考えた苦肉の策!?
  スーパーで配られていた、小さな造花のカーネーションを、何度も行っては1本ずつ集め
  それを花束にまとめたのだ。

            母の日おめでとう。
            これからもよろしくね。
            なんにもあげられないけど・・・(;_;)


        というメッセージに私の似顔絵が添えられていた。
            ママの絵

         お世辞にも上手なものじゃない、6年生が書いたとはとても思えないかもしれないけど
       私には本当にウレシカッタ。
お姉ちゃんのゆうさんはもう高2なので、私の好みをすっかり分かっていて、私が大好きなエプロンをプレゼントしてくれた。
     エプロン

私の宝物・・・それはプレゼントの中身だけじゃなくて、
二人が私のためにと一生懸命考えてくれたこと、そのことが私の最高の宝物。

ママの心から一生誰も消すことの出来ない宝物。


私と家族 | コメント(2) | トラックバック(0)

移転しました!

2008/05/12 Mon 01:20

ブログを一新したいと試みたのですが、前のところでは制約が多くて思うようにできなかったので、思い切って移転しちゃいました!

タイトルも全部変わってます。

今まで見ていてくださったかたにはご迷惑をおかけしますが、ご理解願います。

過去の記事をご覧になりたいかたは、こちらからどうぞ↓
         
                       「果樹の森から・・・

これからはココで、日々の思い等々を綴っていきたいと思います☆

よろしくお願いしまーす♪

お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。